家族葬で喪主がやらなければいけないこととは|横浜の家族葬ならお任せ下さい。

経済産業大臣認可全葬連盟加盟店 横浜・戸塚昇光社
戸塚昇光社がお手伝いさせて頂きます。

faq

Q

家族葬で喪主がやらなければいけないこととは

質問 一般葬なら喪主が大勢の前で挨拶をするなどいろいろな役目を負うことになります。しかし、家族葬であればかしこまった挨拶をする必要もなく、参加するのは身内だけなので特にやることはないと思うのですが、その認識で間違いないでしょうか?
私はあまり人前で話しをするのが苦手で、昔からリーダシップをとることに慣れていないため、一般葬は避けたいと思っています。

yajirusi

A

家族葬でも喪主がやるべきことはいろいろあります

大勢の方が参加する一般葬では、確かに大勢の前で挨拶をする機会が喪主には何度かあり、それをストレスやプレッシャーに感じる方も少なくないようです。その点家族葬なら、ご指摘の通りに身内だけの葬儀になることが多いため、プレッシャーなどからは解放されます。
しかし、それ以外にも喪主が家族葬でやるべきことはたくさんあるので覚えておきましょう。
喪主は葬儀にかかわることを全て決める役割を担っています。家族の中でサポートしてくれる方がいれば大きな負担にはならないと思いますが、基本的に葬儀の責任は喪主にあります。
葬儀の日程や葬儀社を決めて、僧侶への連絡もしなくてはいけません。葬儀に誰を呼ぶかも喪主が決めます。
葬儀の準備と並行して、故人が亡くなったことに対する各種手続きも喪主の役割です。医師から死亡診断書を受け取って市区町村の役場に死亡届を提出し、火葬許可申請も行います。ただしこれらは葬儀社などに代行してもらうこともできます。

このページの先頭に戻る

横浜・戸塚昇光社