家族葬に向いているのはどんな人?|横浜の家族葬ならお任せ下さい。

経済産業大臣認可全葬連盟加盟店 横浜・戸塚昇光社
戸塚昇光社がお手伝いさせて頂きます。

faq

Q

家族葬に向いているのはどんな人?

質問 2年前に父に癌が見つかり、それから治療を継続してきましたがあまり良い状況ではありません。
まだ医師から余命宣告はされていませんが、先が長くないことは父本人も自覚しているようで、先日自分の葬儀は家族だけで質素に行って欲しいということを私に伝えてきました。それを聞いて私もかなりショックだったので、その要望に対してのはっきりした返事はできませんでしたが、そのときが来れば要望通りにしてあげようと思いました。
最近では家族葬という言葉をよく耳にするようになりましたが、どんな葬儀なのかよく理解していません。父の要望通りに家族葬で済ませて良いかどうか、家族葬に向いている人について質問させていただきますので、ご回答を何卒よろしくお願いします。

yajirusi

A

故人と最期の時間をゆっくり過ごしたい方に家族葬が向いています

家族以外にも友人や仕事関係やご近所さんなど、立場を限定しないで幅広い参列者が訪れる一般葬とは違い、故人の家族や親しかった友人などの少人数で葬儀を執り行うのが家族葬です。
家族葬が向いているのは、本人がそうして欲しいと希望したケースや、故人と最期の時間をゆっくりと過ごしたいという希望を持っているような人です。
一般葬では大勢の参列者をケアしなければいけないため、どうしても喪主や家族は故人をゆっくり見送ることができません。一般葬よりも葬儀費用が安く抑えるために家族葬を選択する方も多いようです。

このページの先頭に戻る

横浜・戸塚昇光社