横浜の家族葬ならお任せ下さい。

経済産業大臣認可全葬連盟加盟店 横浜・戸塚昇光社
戸塚昇光社がお手伝いさせて頂きます。

横浜の家族葬【ポイントとFAQ】

戸塚区で家族葬をお考えの方は、どうぞ戸塚昇光社をご利用ください。
当社は経済産業大臣認可の日本最大の葬祭事業者組織の全葬連に加盟している、歴史と実績のある葬儀社です。
遺族、親族などの近親者だけの、少人数で行われる家族葬で葬儀を執り行う方が最近では多くなっています。
家族葬は、生前故人様が家族葬を望んでいた他にも、高齢などの理由で参列者が少ない、本当に親しい者だけで故人を見送りたい、などの場合におすすめの葬儀スタイルです。

家族葬 横浜

一般的な葬儀を小型化した形式ですが、通夜、葬儀、告別式などの一連のセレモニーはきちんと執り行い、お客様のご希望する斎場での対応も可能となっています。
家族葬以外にも、一般葬、社葬、直葬から法事・法要まで、葬儀に関するすべてに、熟練の経験と知識と技術を持つ葬儀の専門家が、誠心誠意対応させていただきます。
フリーダイヤルをご用意して、早朝、深夜と問わず、24時間体制で皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
家族葬を含む葬儀のことなら、ちょっとした疑問にもお答えいたしますので、葬儀のご依頼以外でも、何なりと遠慮なく、皆様のご都合の良いお時間にお電話ください。

01家族葬とは

家族葬とは、家族や親族や親しい友人や知人などと、一般的な葬儀とは異なり少人数、小規模で執り行う葬儀のことです。
家族葬という葬儀の形にはっきりとした定義はなく、参列人数にも決まりはありませんが、数人から30名程度で執り行われる形が多くなっています。
近頃では大勢の人を呼んで盛大に葬儀を行うよりも、少人数の葬儀を選択する人が増えているのが現実です。
家族葬の葬儀の流れは通常の葬儀と同じで、通夜の翌日に告別式が行われ、火葬をします。ただし、参列人数が少ないことから、通夜も告別式も40〜50分程度と短くなるのが家族葬の特徴です。火葬についてはその工程が一緒であることから、1時間から1時間半程度が目安となります。
以前は地域の縁がとても強固だったことから、人が亡くなれば葬儀にも大勢の人を呼ぶのが当たり前でした。しかし、最近では地域のコミュニティーにも大きな変化がみられていることと、少子高齢化も影響して大きな葬儀を行う必要性がなくなりつつあります。
さらに葬儀には多額の費用がかかるため、経済的な理由で盛大な葬儀ができない人も増えています。さらに2020年に新型コロナウイルスが流行したことにより、密になる葬儀を必然的に行えない状況となっています。

02初めて家族葬へ参列する方が知っておくべきマナー

家族葬とは新しい葬儀のスタイルであるため、まだ一度も家族葬というものに参列してことがない人も少なくないと思います。
家族葬に決められたルールはなく、会葬者の人数も数名から数十人とさまざまですが、一般的は身内でなければ参列しません。したがって、遺族から葬儀に参列して欲しいという連絡が来ていなければその必要はなく、スルーして構いません。
家族葬を行う場合は、周囲の人に気を遣わせないために敢えて訃報連絡をしないケースも多いです。ただし、身内以外にも故人と親しかった友人や関係者が招かれることもあり、そのときのために家族葬に参列するときのマナーは覚えておいた方がいいかもしれません。

初めて家族葬へ参列する方が知っておくべきマナー

気になる香典については、家族葬では「香典は送らないことがマナー」となっているようです。案内状にそのことが明記されていることが多いので、その場合は香典を持参しなくても大丈夫です。ただし、そうでない場合は念のため香典を持参しておけば間違いありません。
服装は一般葬と同じで問題ありません。カジュアルな服装なマナー違反になるため注意しましょう。
お悔みの言葉は、人数が少なく受付が設けられていないケースも多いので、遺族に直接声掛けして構いません。

03家族葬に関することで良くある3つのお悩みを紹介

1.家族葬と密葬は何が違う?
密葬は、公への告知を後でお知らせするスタイルで、一度に葬儀の全てを執り行うことが難しい場合や、火葬のみで済ませて内々で通夜、葬儀を行い、本葬を迎える形で行われたりします。
家族葬は、通夜、葬儀、告別式を行う、人数を含めた規模が小さな一般的なお葬式です。

2.家族葬を行う際の注意点は
家族葬は、密葬と違って死を伏せる必要はなく、黙って葬儀を行ってしまうと、親族間のトラブルに発展することがあります。したがって、親戚には身内だけで葬儀を行うことを伝えましょう。
親族以外にも生前本当にお世話になった方には伝えて、家族葬に参列してもらっても構いません。

3.家族葬は葬儀費用が安くなるの?
家族葬は、小規模な葬儀あるため一般的な葬儀によりも費用を大幅に抑えられるメリットがあります。
葬儀にかかる費用は、葬儀社に支払う葬儀代などで、遺体の搬送や通夜、告別式にかかる費用や棺や祭壇準備費用などもこれに含まれています。
ただし、人数が多くなれば通夜振る舞いや精進落としなどの費用がそれなりにかかります。

04家族葬以外の葬儀の種類を紹介

家族葬 横浜

その名の通りに、家族を中心として親族や生前故人と親しかった人たちで執り行う規模が小さな葬儀を家族葬と呼びます。
家族葬は高齢化や核家族化によって近年増加傾向にある葬儀の一つで、葬儀費用を安い抑えられる以外にも、遺族がゆっくりと故人をお別れができるなどのメリットがあります。
家族葬以外の葬儀の種類は数多くありますが、主に行われている葬儀は「一般葬」「直葬」「社葬」などです。
一般層は、その名の通りに昔から執り行われてきた一般的な葬儀で、遺族、親族以外にも、友人、仕事関係者など生前故人を関わっていた多くの方々に参列してもらい、故人を見送ります。お通夜を行った翌日に告別式を行い、お棺を火葬場へ運び出棺式や火葬場では納めの式が行われます。
直送は、お通夜や告別式を行わないで火葬だけを行う葬儀のことで、少子高齢化の中で家族葬同様に増えている葬儀のスタイルです。家族葬をより簡略化していることから葬儀費用が格段に安く、高齢の遺族へかける負担も大幅に軽減できるメリットがあります。
社葬とは、企業の代表者が亡くなった場合に、会社が主体となって執り行われる葬儀です。事故などにより社員が殉職したときなどに行われることもあり、会社と遺族が共同で営むケースも多いです。

05横浜市18区を中心に家族葬などに対応

横浜市戸塚区に拠点を構え、横浜市18区を中心として家族葬、一日層、社葬などに対応している葬儀社です。
神奈川県の中心地である横浜18区には、さまざまな表情をもつ特徴的な街があり、近年では多くの観光客も訪れ近未来都市を想像させる横浜みなとみらい地区、東京のベットタウンとして都内への通勤者が多く住む横浜北部の港北ニュータウン地区、昔ながらの横浜を感じられる関内地区の他にも、再開発が今後どんどん進められていくゆめが丘、瀬谷、綱島などおすすめスポットはその他にもたくさんあります。
横浜は日本国内でもトップレベルの国際都市で、その象徴ともなっているのは、西区のみなとみらい都市から中区の山下公園や元町や山手周辺エリアです。
高台の山手エリアには昭和の時代からある高級住宅が立ち並び、外国人墓地や洋館や横浜でも有名な私立学校などもあり、横浜市民の憧れの地と言われています。
まさに閑静な住宅街という言葉がピッタリのとても治安が良い地域で、落ち着いた雰囲気が漂っています。
東京都への通勤者に人気な青葉区には、お洒落なショッピングセンター「たまプラーザ」があり、その周辺にはハイセンスなお店がずらりと並んでいます。

06家族葬を執り行うのにどのくらいの費用がかかる?

最近では一般葬を選ばないで家族葬を選択する方が増えていますが、家族葬にはどのくらいのお金がかかるか気になる方も少なくないと思います。
家族葬というのは、その名の通りに家族を中心として執り行われる葬儀のことで、その他には親族やごく親しい友人など限られた参列者だけで行われます。
参列者の人数が限定されているわけではありませんが、数名から30名の範囲で行われるのが一般的となっているようです。

家族葬を執り行うのにどのくらいの費用がかかる?

家族葬というものに明確な定義があるわけではないので、親族が多いとかなりの人数で葬儀が執り行われるケースもあります。
また、仏式や神式にこだわる必要もなくて、形式も自由にできお坊さんなどの宗教者を呼ばないで行われることも多く見られます。
したがって、家族葬にかかる費用についても一概にいくらと言い切ることはできませんが、平均的な費用相場は100万円を切るくらいの額になっているようです。費用の中には、火葬場の使用量や式場の使用量も全て含まれています。
家族葬は、規模やどこの葬儀社に依頼するかによっても価格はかなり異なりますが、一生に何度も主催することがない葬儀は、信頼のできる葬儀社に任せることをおすすめします。

07家族葬を執り行う際に注意すべき3つのポイント

01安置場所を事前に確認しておこう

大きな葬儀会場で一般的な葬儀を行う場合は、安置場所について気にすることもないケースが多いですが、小さな葬儀である家族葬を執り行う場合は、故人を安置する場所をあらかじめ決めておくことも大切です。
ご自宅以外に安置を予定されているなら、お世話になる葬儀社などにも相談しておく必要があります。安置場所も自分の目で確認することをおすすめします。

02家族葬の方が費用負担が大きくなる場合もある

多くの方は、葬儀費用をできるだけ安くしようとして家族葬を選択しているようですが、家族葬の場合はたくさんの人が参列する一般的な葬儀とは違い、香典があまり期待できない、または全く期待できないため、場合によっては盛大に葬儀を執り行うよりも費用負担が大きくなってしまうこともあります。葬儀社とも良く話し合って葬儀のスタイルを決めましょう。

03お知らせする範囲をきちんと決めることが大事

家族葬を執り行った後は、故人と生前親しかった人たちから「どうして亡くなったことを知らせてくれなかったの?」などと言われてしまうことも少なくないようです。相手の気分を害してしまうこともあり、大きなトラブルにもなりかねないため、家族葬を選択したときにはお知らせする方の範囲をきちんと決めることが重要です。

08家族葬を依頼する葬儀社の選び方のポイントとは

家族葬を選択する方が最近では急増していて、その理由としては葬儀に参列する人が少ないこともありますが、葬儀費用をできるだけ抑えたいというのが多くの方の願いのようです。そのため、家族葬を依頼する葬儀社選びのポイントとしては、葬儀費用をはじめから明確にしてくれるかどうかが挙げられます。
家族葬は低予算でできるとはいえ、決して少額ではありません。それなのにざっくりとした見積り金額を提示するような葬儀社とは取引しない方が良いと思います。
たとえば20万円程度と言われて、葬儀が終わった後に30万円の請求書を渡されるということも珍しいことではないようです。葬儀社の言い訳としては終わってみなければ分からなかったとなるようですが、20万円だと思っていたのに30万円支払わなければいけなくなると予定が大きく狂ってしまいます。
一般葬と比較して低価格だからといって、おからさまに対応を変えるような葬儀社も信用できません。
家族葬にしたいと言った瞬間に態度を変えるような葬儀社もあるようなので、そのような場合は他の葬儀社を当たった方が良いでしょう。態度を変えなくても契約を必要以上に急がせるような葬儀社にも注意が必要です。
しっかりと相談に乗ってくれて、丁寧な対応をしてくれる葬儀社を選択することをおすすめします。

09葬儀の種類に関することでよくある相談とは

葬儀の種類に関することでよくある相談とは

最近ではなるべくお金をかけないで行うことができる家族葬を選ぶ方が増えていますが、葬儀にはどのような形があって、自分たちには何が合っているかという相談をよくいただきます。
最もスタンダードな葬儀には一般葬がありますが、その他にも葬儀には社葬、直葬、一日葬、合同葬、密葬などいろいろなやり方があります。
さらに、家族葬や密葬を終えた後に故人を偲んで開催されるお別れの会などもあって、はじめて葬儀の喪主になる方にとってはどうして良いか困惑してしまいます。
どの葬儀を選択するかによって掛かる費用も異なり、葬儀社をどこにするかでも料金は大きく変わってきます。
葬儀社やセレモニー業者によっては、同じ葬儀のスタイルでもサービス内容も変わるため、できれば早めに複数の葬儀社などに相談をして、自分の希望なども伝えて、葬儀のプランを提案してもらうことをおすすめします。
葬儀の相談は人が亡くなる前に行うと不謹慎だと思ってしまう方も多いようですが、故人の希望を取り入れるためにも、生前に相談していた方が費用を抑えることにもつながるのでおすすめです。
どうしても、時間がなければ無駄なサービスを取り入れることになる可能性を高めてしまいます。

10葬儀に関することで良くある3つの質問

質問 葬儀の前までに準備すべきこととは?
回答 葬儀を執り行う前までには、喪主を決めておかなくてはいけません。できれば、喪主とは別に世話役を決めることで、葬儀をスムーズに進めることができます。
そのうえで、葬儀の内容について話し合い、最終的には葬儀社を決めて依頼することになります。
最初に葬儀社を決めて相談しても良いですが、葬儀費用について気になる方は、事前に費用について尋ねる必要があります。
質問 葬儀社を選ぶときに気をつけるべきこととは?
回答 葬儀社に依頼する前には、葬儀費用の予算を立てることも大事なことで、よほどお金に余裕がある方でない限りは、葬儀費用の予算は無理ない範囲で行うことをおすすめします。
故人の遺志も踏まえて、葬儀に参列する人数が少ないなら、家族葬などという選択肢もあります。最近では葬儀にできるだけお金をかけないように、家族葬や直葬を選択する方も増えています。
質問 葬儀に僧侶を呼ぶにはどうすれば良いの?
回答 菩提寺がある場合は連絡をすれば良いですが、菩提寺がない場合は葬儀社に相談すれば手配してもらうことができます。
葬儀社に任せれば、菩提寺がある場合もきちんと手配をしてくれるので、家族が亡くなってパニックになっていたとしても安心です。菩提寺があるのに連絡しない場合は、納骨時に墓地への埋蔵を認めてもらえないこともあるので注意してください。

11葬儀社選びの注意点とは

POINT はじめて喪主となって葬儀を執り行う場合は、一体どのくらいの費用が掛かるのか気になりますが、依頼する葬儀社によって葬儀費用は大きく異なることも多いので注意しなくてはいけません。
依頼する葬儀社によって葬儀中にいろいろなトラブルに見舞われることもあるので、それを回避するためには料金だけではなくサービスの質なども確認して、信頼できる業者を選択しなければいけません。
葬儀トラブルで多いのが、見積書の額と請求金額が違うケースです。このようなことが起きる原因としては、葬儀の見積書の中には変動費と呼ばれるものがあり、例えば、お通夜の際に振る舞う飲食費や、返礼品などの数によって、見積書に表記された金額が変わることになります。
葬儀では、お布施などの葬儀社の見積書には記載されない費用も発生するため、思っていたよりも後で出ていくお金が多くなるのは良くあることです。肝心なのは、そのようなことについて事前に説明を受けていて、それに納得しているかどうかです。
何の説明もなく見積金額よりも高い請求書を出してくるような業者には、依頼しない方が良いと思います。料金以外にも、説明が丁寧でケアもしっかりしているかどうかを確認して、依頼先を決めましょう。

12読み方が難しい葬儀用語

葬儀に参列することはあっても、主催者の立場になる機会は多くないため、いざ喪主などになると葬儀に関する言葉で、読み方が良く分からなくて困るという場面も出てきます。
たとえば、最近では家族葬を選択する方が増えていますが、同じく「直葬」という通夜や告別式などの儀式を行わないで火葬だけをする葬儀を選ぶ方も多くなっています。この読み方は「ちょくそう」です。
葬儀が執り行われて火葬場も併設されていることが多い施設が「斎場」ですが、この読み方は「さいじょう」です。
亡くなった人を納めるのが「棺」ですが、この正しい読み方は「ひつぎ」です。お棺と書かれた場合は「かん」と読みますが、漢字一文字で書かれている場合は「かん」ではなく「ひつぎ」と読みます。
ちなみに、柩も「ひつぎ」と読みますが、故人が納まっている場合は「柩」、単なる物としてなら「棺」と使い分けます。
故人の戒名などが書かれた仏具は「位牌」ですが、この読み方は「いはい」です。
遺体を目的地へ移すことを「搬送」と言いますが、この読み方は「はんそう」で、一般的に使用される言葉ですが、葬儀用語としてよく使われています。

FAQ一覧

お役立ち情報

家族葬の流れについて 家族葬の流れがどうなっているかという質問に対する答えを記載しています。
家族葬も基本的には一般葬と同じ流れで行われることと、一般葬と何が異なるかを紹介しているので、家族葬について知りたい方は参考にしてください。

このページの先頭に戻る

横浜・戸塚昇光社