家族葬と密葬の違い|横浜市の葬儀・家族葬は戸塚区の戸塚昇光社へご相談ください。

経済産業大臣認可全葬連盟加盟店 横浜・戸塚昇光社
戸塚昇光社がお手伝いさせて頂きます。

FAQ

家族葬と密葬の違いを教えてください

よく、有名人が亡くなると「葬儀は密葬と執り行われました」などど聞きます。
一方で最近はよく家族葬みたいな言葉も聞きます。
家族葬と密葬って、何が違うんですか?言葉が違うだけで、意味は同じなのでしょうか?
メリット、デメリットがあれば教えてください。

answer

本葬があるかないかで判断します

家族葬と密葬の違いですが、どちらも身内だけで葬儀を行うという点では同じような規模感となります。
身内と親しい親族、あとは数名のご友人のみで行うのが密葬であり家族葬と呼ばれるものです。
では、なぜ有名人の場合は密葬と呼ばれるのか。
それは、本葬があるかないかで判断されます。
よく、有名人の場合「後日お別れ会などを開く予定です。」などというコメントを聞いたことがあると思います。
これがいわゆる本葬という位置付けになります。
告別式と葬儀、火葬までは身内で行い、遺体はないまでも遺影に向かって故人を偲ぶ。
それが本葬の位置付けになります。
有名人の場合、葬儀や告別式を大々的に開催すると、大勢の関係者が訪れてしまうことはもちろん、事前に会場などがバレてしまうとファンが多数押し寄せることが想定されます。
するとやっぱり、各方面に迷惑がかかります。
なので、改めて会場を用意し、数百人規模の方が入れるような会を行うという意味で、密葬と使われることが多いと思います。

このページの先頭に戻る

横浜・戸塚昇光社