通夜と葬儀告別式の片方の参列|横浜市の葬儀・家族葬は戸塚区の戸塚昇光社へご相談ください。

経済産業大臣認可全葬連盟加盟店 横浜・戸塚昇光社
戸塚昇光社がお手伝いさせて頂きます。

FAQ

通夜と葬儀告別式の片方の参列でも失礼にはなりませんか?

私たち家族は大阪から横浜に引越して2年ほどになります。関西と関東では習慣の違いがあるのを感じますが、葬儀について質問があります。ご家族と親戚の方が中心の家族葬の場合、知人・友人の立場の者は通夜と告別式のどちらかだけの参列でも失礼にならないでしょうか?関西に住んでいる時は、特別お付き合いが深くない方が亡くなられた場合、どちらか行ける方で参列し両方に参列したことはありません。参考までにお教え頂けると幸いです。

answer

ご自身の都合に合わせ参列できる方を選んでよいでしょう

近年の葬儀の規模は縮小傾向にあり、親しい方のみが参列し、ゆっくりと故人との最後のお別れを過ごすことが望まれています。ご家族と親戚、ごく親しい友人の方が参列する葬儀形式は「家族葬」と呼ばれ、30人くらいの方が参列される規模で通夜と告別式が行われます。ご親族であれば両方の参加が望ましいですが、遠方から来られる場合や、お仕事で都合がつきにくい場合やご高齢で体力的な心配がある方もいらっしゃるでしょう。その場合は、ご自身の都合に合わせ選ばれて大丈夫です。
通夜は遺族や親族、親しい友人が集まり、夜通し火を絶やすことなく故人を見守る法要です。ご親族であれば通夜へ参加する方がいいと考える場合もあります。告別式は友人や知人が故人に別れを告げる儀式の事ですので、儀式の意味に従うならば告別式に参列すべきですが、通夜のみに参列される方もいます。通夜は夕方から夜にかけて行われるため時間の都合がつきやすい方が多いからです。これには地域による習慣の違いもありますが、大切なのは故人を偲ぶ気持ちですのでご都合に合わせ参列されて問題ありません。

このページの先頭に戻る

横浜・戸塚昇光社