家族葬は一般的な葬儀のスタイル|横浜市の葬儀・家族葬は戸塚区の戸塚昇光社へご相談ください。

経済産業大臣認可全葬連盟加盟店 横浜・戸塚昇光社
戸塚昇光社がお手伝いさせて頂きます。

FAQ

家族葬は一般的な葬儀のスタイルなの?

母が余命宣告をされてしまいました。
すでに手術もできない状態で、延命のための抗がん剤治療も断って、最初はやはりショックを受けた顔をみせていましたが、数日すると昔から几帳面で心配症で誰よりも優しい母は、残される私たちのことを一番に考えてくれて、自分で仏壇の準備や葬儀場の手配をしようと行動しはじめました。
父の方がかなりショックを受けて寝込んでしまったほどで、私と姉が母の容態を心配して、母のしようとしていることをできるだけサポートしようと申し出て、とにかく1日でも長く長生きして好きなことをして欲しいことを二人で熱心に伝えると、納得して仏壇やお墓の準備や葬儀場選びは私たちに任せてくれることになりました。
母は自分の葬儀は家族葬でと希望しているのですが、家族葬というものを私も姉も良く知らないので、その内容と、家族葬を選ぶことは一般的なことなのか教えてください。

answer

家族葬は今後も増えていくでしょう

家族葬は、その名の通りに家族が中心になって行う葬儀のことですが、友人などの親しい方を呼んでも構いません。
参加人数は多くても30名程度で、最近では家族葬を選択する方が増えています。
その理由には地域コミュニティーが希薄になってきていることが挙げられますが、少子高齢化が加速していく中で、今後はますます家族葬を選ぶ方は多くなっていくことでしょう。

このページの先頭に戻る

横浜・戸塚昇光社