家族葬を行う人の割合|

経済産業大臣認可全葬連盟加盟店 横浜・戸塚昇光社
戸塚昇光社がお手伝いさせて頂きます。

FAQ

家族葬を行う人の割合は?

最近ではたくさんの人を葬儀に呼ぶよりも、家族葬という形を選んで、遺族や生前付き合いが深かった人たちだけを呼んで葬儀を行う人が増えていると聞きましたが、実際にどのくらいの割合で家族葬が行われているのでしょうか?
それと、家族葬を選択する主な理由を教えてください。

answer

4割近くが家族葬を選択しているようで

葬儀の形で最も多いのは未だに一般葬ですが、ある調査によると、家族葬を選ぶ人の割合は4割に近い数字となっていて、今後も家族葬を選ぶ人は増えていくことが予想されます。
家族葬を選択する一番の理由は、やはり経済的なもので、まだまだ景気が良くない状態が続くことが考えられる中、一般葬よりも格段に費用負担を抑えられる家族葬を選ぶ人は多くなるでしょう。
宗教観や伝統的なしきたりに対する意識の変化も、家族葬を選択する人が増えている大きな理由だと言われていて、宗教儀礼に縛られたくないという若者は、確実に今後も増えていくでしょう。
張本人である故人の遺志によって家族葬が行われるケースも多くなっていて、経済状況が良くならない中で、自分の葬儀に多額のお金をかけて、家族に負担をかけたくないという人が増えているとされています。
他にも、大勢の参列者の対応に追われて、故人を偲ぶ時間を減らされるよりは、遺族だけでゆっくり故人とお別れができるという理由で敢えて家族葬を選択する人も増えているようです。

このページの先頭に戻る

横浜・戸塚昇光社