父の葬儀の準備段階ですが、家族葬と密葬の違い|

経済産業大臣認可全葬連盟加盟店 横浜・戸塚昇光社
戸塚昇光社がお手伝いさせて頂きます。

FAQ

父の葬儀の準備段階ですが、家族葬と密葬の違いは?

父は7年前まで戸塚区の小学校の校長をしていましたが、今は完全にリタイアしています。
その父に昨年癌が見つかり、本人も病気のことを知っていますが、発見当初からすでに手の施しようがなく、本人にはそのことは伝えないようにと、母の意思でそう決めました。
そもそも病院が大嫌いで、定年後は母がいくら勧めても定期検診を拒否してきて、結局それがたたって手遅れの状態になったと思います。
父が亡くなれば喪主は母が務めることになると思いますが、事情もあるのでまだ何も準備もしていない状態で、母も私たちも自分たちで葬儀の準備をするのもはじめてなので、私は母に変わって準備をはじめようと思い連絡させていただきました。
校長まで務めていたので、一般葬だとかなりの人数が葬儀に来ることが予想されますが、前に母と話した時には家族葬も考えていたみたいですが、密葬という言葉も聞いたことがあり、それらの違いが良く分からないで、簡単でいいので教えてもらえますか?

answer

死去したことを周囲に伏せるところに違いがあります。

家族葬とは、遺族や親族などの近親者だけの少人数でおこなう葬儀です。
密葬も、家族葬と同様に近親者を中心に執り行われますが、こちらは死去したことを周囲に伏せて行われることに違いがあります。
いずれも親族以外にも、故人と親しかった友人などが参列する場合もあります。

このページの先頭に戻る

横浜・戸塚昇光社