予め葬儀の準備をすることは不謹慎?|

経済産業大臣認可全葬連盟加盟店 横浜・戸塚昇光社
戸塚昇光社がお手伝いさせて頂きます。

FAQ

予め葬儀の準備をすることは不謹慎でしょうか?

昨年戸塚区に住む父に癌が見つかりました。
医師からはすでに手のほどこしようがないと言われてしまいましたが、母が諦められないと、その後他の病院を回って治療法を探しましたが、結局打つ手はなく現在は延命のために抗がん剤治療を受けています。
私は長男で東京の会社で働いていて、弟と妹もいますが、弟は仕事で北海道に転勤中で、妹は熊本に嫁いでいるので、父のお見舞いにも一度訪れただけで、万一の時も当てにできない状態です。
母からは、その時が来たら喪主は私に任せると言われて、葬儀社の手配も含めて葬儀の準備は全て私が行わなければいけないことは覚悟していますが、葬儀の経験は一度もなく、もちろん知識もないので今から心配です。
事前に葬儀社を手配して、準備を進めることはやはり不謹慎なことなのでしょうか?

answer

不幸の前に葬儀社を決めることは当たり前となっています。

亡くなる前に葬儀の準備を行うことは、決して不謹慎なことではありません。
当社にも事前にたくさんの方が相談に訪れますし、あるデータでは、二人に一人は身内に不幸が訪れる前に葬儀社をすでに決めているという調査結果が出ています。
それに亡くなった後の葬儀の心配をなくすることで、お父様の看病に専念することができたり、いざという時に焦らないでよくなるなど、多くのメリットを得ることができます。

このページの先頭に戻る

横浜・戸塚昇光社